惚れたら地獄 at FC2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも彼らはトランスフォーマーなんだよ!

 トランスフォーマーが好き!っていう人は、とにかく変形してくれないとダメ!と仰る方が意外と多いようで。。。私はキャラクターとしてのTFも好きなんで変形しないオモチャにも抵抗なく手を出したりしていますよ(リボルテックやらロボットレプリカやら)。

 今回紹介の”ビークルシングルパック”というシリーズ、劇場版TF達のビークルモード(主にクルマ)を再現するという今までありそうで無かったオモチャなのです。前述の通り変形しないTFを認めない多くのファンの声をうけてか、日本での流通量が異様に少ないみたいで近所のザラスにも置いてない(倉庫から出してないだけかもしれないけど)ので買えないかもとヒヤヒヤさせられました?。


オートボット出動!

オートボット出動だ!ついてこいバンブルビー!

 まぁ、ミニカーなわけですが、、塗装はかなりキレイ。オプティマスのビークル形態であるトレーラヘッド(トラクター)のミニカーってあまり見かけないので、実は貴重な存在なのか??





続きを読む

スポンサーサイト

2008年スタート!?

 もう1週間すぎてしまいましたが、皆様明けましておめでとうございます!
 去年の半分は放置されていた当ブログではございますが、細々と続けていこうかと思っておりますので、今年も宜しくお願いいたします。 

新年ラットル


 というわけで、子年にちなんでネズミのトランスフォーマー「ラットル(メタルス版)」を引っ張り出してきました?まぁネズミというよりメカネズミ(しかもコワモテ)ですけどね!
 去年の正月のランディー(イノシシのTF)を起用したときから、来る子年にはラットルを登場させようと企んでいた私。来年の牛型TFは持ってないけどどうしよう??

 ヌルいTF者である私はビーストウォーズのシリーズも視聴したことがないので、、ラットルが劇中でどんな活躍をしていたのかは知らないのですが、イメージとしては素早さを生かして隠密行動や諜報活動が得意なキャラなのかな(G1バンブルみたいな?)なんて思ってます。




ラットル変身!

 せっかくなんでメタルスラットル「変身!」

 ネズミの頭がパカッと左右に分かれる大胆な変形パターンでロボットモードへ。ネズミモードのシッポが武器(ムチ)になっています。頭にはなんと脳味噌のモールドが、、この辺のセンスはさすがにメリケン的ですな。


 こんな感じで、脱力系ブログを目指していきますので、今後ともよろしくお願いいたします?

それぞれの良さ

BBB old and new

 劇場版トランスフォーマーにて、登場した2種類のカマロ。

 劇中バンブルビーはあるきっかけでボディを再構成、74年式カマロから08年式カマロ(なんとまだ発売されてない!)へと変貌をとげます。

続きを読む

黒は正義の色

 いよいよ公開のせまった映画「トランスフォーマー」。玩具シリーズも第2段が発売!今回はアイアンハイドの登場だ!

アイアンハイド・shooting!

「こいつを喰らえ?」
 とにかく”いかつい”です!両腕のキャノンやら胸にパックリ割れたボンネット等々、それまでの車モチーフのTFのデザインとは明らかに違った印象を与えてくれます。やっぱりメリケン人は頭がおかs(自主規制)。


続きを読む

空いた時間を有効活用?!

 先日トイザらスではトランスフォーマー玩具全品表示価格からさらに1割引セールなるものが行われました。TFの映画は公開が8月なので、それに向けて少しずつ盛り上げようといったところなのでしょうね。でも、カンジンの映画がまだであってもオモチャを買っている我々のようなマニア層は当然発売開始直後に欲しいモノは購入しちゃってるわけで、、なんだか複雑な気分であります。

→→→逆に考えるんだ、スルー予定だったモノに注目できると逆に考えるんだ!

・・・そんな考えがいつの間にか私の心を支配し、気が付けばザラスへ・・・
ベーシックオプ01

 というわけで、気になっていたムービー・ベーシッククラスのオプティマスプライムを結局お連れすることにしました。


続きを読む

ブラックアウト、手強いぜ

 先日我が家に来襲した劇場版トランスフォーマーの皆さんからブラックアウトの登場です。
 前回の記事ではなんだか消化不良・・・みたいなニュアンスで書いちゃったのですが、いじっているウチにいろいろわかってきましたよ!

ブラックアウト03

 やっぱりこの立ち姿はやたらカッコイイなぁ。。

 ブラックアウトをさわったヒトが「なんか微妙だな」って感じる部分。それはズバリ、「説明書どおりに変形させてるのになぜかオートモーフが発動しない」この点ではないでしょうか。ところが実際は説明書の方が間違っているようで、ヘリの機首部分からロボット頭部がくるんと出てくる機構は、ロボの背中にあるメインローターにつながる背中のブロックと連動するようになっているのです(説明書ではロボットの下半身を移動させると連動する、と記載されています)。

続きを読む

TF祭りじゃワッショイワッショイ!

 昨日6月2日より、いよいよ劇場版トランスフォーマーの玩具の国内発売が開始されました!
 ところで、TFのオモチャは1年のテレビシリーズに合わせて年間40?50アイテムが発売になるのですけど、今回は販促期間が短い映画との連携ということで、これから4ヶ月の間で40?50アイテムが発売されるという非常にお財布にキビシイスケジュールとなっています。ひぇ?これは取捨選択が大変だよ。。。

 昨日の第1段発売にあわせてさっそくザラスに特攻してきましたよ!

プロトオプ&BBB

 まずはオートボット側から、バンブルビーとオプティマスプライム(プロトフォーム)。
 バンブルビーは後に新ボディも出るので買わないつもりでしたが現物を見て気に入ったのでお連れしました。海外版からの仕様変更でクリアパーツ+塗装の部分が出来たため、見本の写真よりも印象は良くなっています。変形も手応えがあって(バイナルテックっぽいけど、タイトなパーツ移動とかはないです)満足度は高いですよ。
 プロトオプティマスの方は既にあちこちのレビューサイトで紹介されているとおり、ロボットモードが恐ろしく格好良く(エントリーモードのナゾ物体具合も絶妙)でプロポーションや可動重視のヒトには文句のない出来映えです。




ディセプティコン?

 今度はディセプティコン側からブラックアウトとブロウル。
 ブラックアウトは映画の予告編でも初期の頃から露出していて劇中での活躍が期待されるキャラクター。でも、この玩具ではジョイントの脱着がタイトなところがあったり、関節の保持力が足りなかったりとやや消化不良気味。。ロボ/ヘリ両モードともカコイイんだけど、、気楽に扱えないTFってのはちょいと頂けないかなぁ。
 ブロウルは戦車から差し替えナシでの変形を実現していて(砲身は誰もが外すだろうって思ったハズ)、連動変形の部分も含めて非常に凝った造りです。ただ、ただ1点、、、肩付け根のパネル部分と胸パーツのはめこみ接合部分が緩くてパチッとはまってくれません。なんとかはめ込みに成功しても、肩関節を動かそうとするとまたポロッと。。。なんか、ブロウルの方もツメの甘さが目立ってしまってなんだかorz。せっかくのお祭り気分が???。



リアルギア軍団

 最後に気を取り直してリアルギアシリーズ。オートボット側のロングビュー・スパイショット6・スピードダイヤル800の3体です。
 いや?この3体、とにかくいじって楽しいですよ!先程のディセップ勢の不満も吹き飛ぶくらいに。簡単でもちょいとヒネリのある変形パターン・広い可動範囲・何とでも絡められるサイズと3拍子そろってます。ミクロマンとも相性良さそうだな?


 とまあ、ウチへやって来たのは以上の面々です。これからじっくり遊んでやろうと思っとります。さぁ祭りに参加しよう!

体脂肪ゼロ?

 トランスフォーマー・クラシックスからミラージ(日本名リジェ)を紹介。思えばダイアクロン・カーロボット時代に選ばれたF1モチーフが中堅チームのリジェの車だった、というのは果たしてどういう基準で選ばれたのか全く持ってナゾであります(ズバリ青いのが良かったのか?)。
 ちなみに本当のF1で活躍したリジェチームについてはこちらを参照。現在自分のチームでF1参戦している鈴木亜久里氏がF1キャリアで最後に所属していたチームだったりします(95年鈴鹿の予戦中にクラッシュしてそのままリタイア。このレースは現地で見てましたよ)。

クラシック・ミラージ03

 やたら小顔の造形です。頭部ヘッドの雰囲気がなんとなくエジプトっぽいです。ロボットマスターズ版のリジェもそうでしたが、毎回男前に造形されてて優遇されてますね?


クラシック・ミラージ02

 全体像。小顔・超スリムなボディ・長い手足と独特な体型です。考えてみれば、変形モチーフが走りのために極限までムダをそぎ落としたフォーミュラカーなわけですから、ロボットの姿でも極限のスタイルを表現していると見ることができます。普通に立たせた姿勢なのにいわゆるカトキ立ちっぽくみえますね。



クラシック・ミラージ01

 ポージング。おそらくTFクラシックの面々の中で、関節可動については最高水準にあります。とにかく動く動く。アクションフィギュアとしてのTFを求める方には最高の出来映えではないでしょうか。



クラシック・ミラージ04

 最後にビークルモード。F1というより架空のレーシングカー(サイバーフォーミュラ?)として仕上がっています。コクピットにキャノピーついてますし。。細かいデザインは全く違うハズなんですけど、初代ガッチャマンのG2号(ジョーが乗ってたマシン)を思い出しました。
 やっぱり青いカラーリングはカコイイなぁ。色のおかげで、ミラージってなんとなくクールなイメージだもんね?(赤いロディマスは熱血タイプということで・・・)。

大きさの概念を捨てるんだ!

 トランスフォーマー・クラシックスより今度はアストロトレインを紹介。アストロトレインはロボット・スペースシャトル・機関車の3段変形をこなすトリプルテェンジャーとして玩具でもアニメでも人気があったキャラクターです。今回のリファインにあたって、機関車ではなく新幹線にモチーフが変更されています。

アストロトレイン・シャトル

 まずはスペースシャトル・モード。あきらかに新幹線のノーズみたいなのが主翼の根本についてますがキニシナイ?。旧作のアニメではシャトルのカーゴスペースに他のデストロン兵士やらエネルゴンキューブやら色々載せて飛んでいました。って、他のデストロン達が中に乗れるって事は、めちゃめちゃでかくなっているわけで、大きさの事を突っ込むとこの記事のタイトルの言葉を言われるのがTF道。細かいことは気にしちゃイカンのです。。



アストロトレイン・新幹線

 トレイン(新幹線)モードにトランスフォーム!そういえば、現在放送中のライダーも電車に乗ってたりしますけど、今のお子様はそんなに電車が好きなのかなぁ?電車に全く興味のない私にはよくわからん現状です。
 話を戻しまして新幹線モード、画像ではごまかしてますが、やはり後ろ半分のカタチに無理があるカンジ。列車型のロケットといった格好です。でも、ガチャガチャ遊ぶ分にはこれでいいか、とも思えるレベルはかろうじて確保されているような。。



アストロトレイン01

 最後にロボットへトランスフォーム!肩や腕に列車のパーツが残っていてそれらがそのまま肩アーマーやバインダーのようなシルエットを作り出しています。肩アーマーは怒り肩にできるので随分とカコヨク見えるのがポイント。関節の可動はそれなりですが、アストロトレインは3段変形してナンボの玩具。ポージングがどうというより、とにかく変形させて遊ぶ玩具に仕上がっています。
 このノリでトリプルテェンジャーのもう一人の人気者、ブリッツウイングもいつか出して欲しいなぁ。

燃える赤き戦士

 トランスフォーマー・クラシックスより、ロディマスを紹介。
ちなみに私はTFザ・ムービーと2010は未見なんで、彼が活躍しているところを見てなかったりします。。この人、どう見ても「ホットロディマス」なんだけど今回のクラシックスではなぜか「ロディマス」で登録されてます。なんででしょ??

ロディマス01

 まずはアップから?ご覧のとおり男前です。頭部の黄色の部分がツノに見えるおかげで(実際はペイントのみ)いかつく見えますね。
 でも気になる部分もあって、丁度胸の位置に来るボンネットから突き出たエンジンカバーのモールドが意外に出っ張っていて、ポージングして写真に撮るとことごとく顔が隠れてしまいます。でもこればっかりはガマンするしかないかなぁ。。




ロディマス02

 適当にポージング。前回紹介のコンボイ(オプティマス)に比べて可動に関してはいまひとつの印象です。肩関節はBJ接続なのに肩の出っ張りが背中に干渉したり、脇があまり開けなかったりと意外に窮屈。足の方はそれなりの可動といったところで、画像のポーズが結構限界に近いです。
 手持ちの銃はアフターファイヤーのエフェクトのようなパーツがデフォルトでは付いているのですが、ここでは外してみました。なんだか科学特捜隊のスパイダーショットみたい。。。



ロディマス03

 カーモードにトランスフォーム!スーパーカーブーム世代には懐かしい、「童夢ーZERO」にそっくりなスタイルで実にカコイイですよ。
 デカイウイングはなんだかザンボエースを連想してしまいました。

 ロボから車に戻すとき、手順は難しくないはずなのに、ボンネットやフェンダーのラインがびしっと揃うように変形させようとすると結構手間取ります(バイナルテックほどではないですが)。こだわる方は注意が必要ですよ。

・・・とキビシイ意見を書いちゃいましたが、コンボイ(オプティマス)を持っている人ならきっと横に並べたくなると思います。並べてハァハァしちゃえばアバタもえくぼになってくる・・・TFって不思議だなぁ。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。